ドローン航空学校 大分



MENU

ドローン検定(国土交通省認定団体)3級が取得可能!


ドローンを自分で操縦してみたい方へ。

近年、ドローンが人気になり「自分でも飛ばしてみたい」という方が増えてきました。

さて、「ドローン」はだれでも操縦することができるのでしょうか?

 2015年の11月に改正航空法が施行され、対象地域の屋外でドローンを飛ばす際には許可申請書類を国土交通省に提出し、承認を受けることが必要になりました。

 ちなみに、ドローンには大きく分けて2つのタイプに分けられます。

 一つは重量200g未満の「トイドローン」や「ホビードローン」といった遊びや趣味で飛ばすことのできるものです。

 改正航空法上では「飛行禁止区域」での承認申請が必要なのは200g以上のドローンに限られています。

 しかし、「小型無人機等飛行禁止法」においては重さに関わらず規制の対象になってしまいます。つまり、ドローンを屋外で飛ばす場合、規制区域内だと仮に自宅の庭であっても事前に届け出を行う必要があるのです。

 

飛行許可申請について

200g以上の重量のドローンを屋外で操縦したい場合、

・住宅や建物が多い人口密集地域では飛行させてはいけない
・飛行可能な高さは地上から150m未満
・人や建物から30m以上離れて操縦すること
・日中に飛行させること(日没後や深夜はNG)
・空港や重要な建物からは離れて飛行させること
・操縦者の目視範囲内で飛行させること
・イベント(祭礼や縁日)での上空では飛行させないこと

といった制限が設けられています。

上記でドローンを飛行させたい場合には事前に国土交通省に「許可申請」を

行って飛行許可を得なければなりません。

 これを守らないと50万円以下の罰金に科せられる場合があります。

 

申請時のスキル

 さて、飛行許可を国土交通省に申請する場合の要件として。

「十分にドローンに対する知識を有していること」

「10時間以上のドローンの飛行実績」

 この2つのスキルが飛行許可承認申請時に大きなハードルとなっています。

 特に「10時間以上」の飛行実績となると、飛ばす場所や機体の所持、またバッテリーの持ちの関係もあって、一般の方がこれを達成するには非常に大きなハードルとなっていると言っても過言ではありません。

 


国土交通省航空局飛行許可申請

 前述のように人口密集地区の上空や目視外飛行など、ドローンを飛ばすのに国交省に対して飛行許可申請を行う場合、以前は複数の書類の提出や記入が必要で、非常に煩雑なものでしたが、2018年4月より「ドローン情報基盤システム(DIPS)」といった国交省の電子申請サイトが開設され、24時間いつでも申請手続きができるようになりました。

 しかし、記入の項目の多さや各種必要書類の添付など、パソコンの苦手な方にはハードルの高いものです。

 当スクールでは、「飛行許可申請のやり方」までをカリキュラムに盛り込んでいますので、初めての方にも安心な内容になっています。


ドローン免許とは?

ドローンを飛ばすための公的な免許制度はまだ確立されていません。

しかし、国土交通省の認定する各種団体により「認定資格」として「ドローン操縦士資格免許」を発行されている場合が多くあります。

前述の「飛行許可承認申請時」に、これを取得することによって

「飛行時間10時間の証明「十分な知識の取得の証明」を行ってくれるものです。

今回紹介する「ドローン航空学校」を受講・3級取得すると、上記を証明する証明書を発行しますので、申請時の書類の一部を省略することができます。


NEWS

9月22日(土)22日(日)の2日間、

第5回「ドローンスクール」開催いたしました。

受講者は今回10名での参加。

全員2日間のカリキュラムを乗り切り、無事

ドローン検定3級を取得いたしました。

さらに実機講習では、目視外飛行を含む訓練を行い、10時間の飛行ログも同時に獲得いたしました。

女性やご年配の方の参加もあり、幅広い参加者に受講いただきました。


当スクール受講者活躍中!

第2回ドローンスクール受講のコープハウジング大分による     「ドローン屋根診断」

コープハウジング大分では当スクール受講後、ドローンを利用した「屋根診断」サービスを提供開始。

屋根に上ることなく、また屋内に入ることなく屋根の状況を確認できるため、多くの方に利用いただき

営業ツールとしても活用されています。

撮影:安東 隆二(無人航空機従事者3級パイロット・コープハウジング大分所属)


子供向けの「ドローン教室」や大人も一緒に楽しめる「ドローン体験イベント」など、ドローンを使った色々なイベント開催を承ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

※写真は8月に行われた「コープ学童クラブ」にて「夏休みドローン体験教室」の様子。

 

 

 

 

 

 



ヒューマック大分ではコープおおいた組合員向け、または一般向けに「ドローンスクール」を開催しています。

ドローン検定協会およびドローン航空学校の講師による指導で、2日間の講習で「ドローンを飛ばすために必要な技術」、及び「航空許可申請に必要な要件」である「10時間以上の飛行実績」を補完することが出来ます。

 


ドローン検定について