子どもたちに早くからドローンに触れてもらいたい。

 今の子どもたちが大人になるころには「ドローン」が空を飛び回っている姿が当たり前になっているかもしれません。

 将来、ドローンを用いた様々な仕事やサービスが無限に広がっている可能性もあります。

 そんな子供たちに早くからドローンに触れていただき、またドローンを通じて親子の絆を高める役に立てればと、私たちは大分県内中心に積極的に「子供向けドローン教室」等のイベントに協力しています。

 

 そんな中、地域貢献の一環として「親子ふれあいPTA」や「学校行事」への参加を通じて、ドローンを活用した様々な活動を推進しています。 

 


2019年1月開催

別府市立亀川小学校での「親子ふれあいPTA」の様子。

今回は5年生と保護者の方々で開催しました。

インフルエンザの流行で若干参加できなかった方がいたのが残念です。

 

当日は5時間目6時間目の授業時間を利用して「ドローンの仕組み」や「ドローンについて知っておくこと」「世の中の役に立っているドローンの色々」といった座学に加え、「ドローンクイズ大会」「親子ドローン操縦レース」といったお楽しみの時間も・・。

最後は体育館上空からのドローンでの記念撮影。